教育目標

「がんばり やさしさ つながり」

 

めざす子ども像

  • よく見 よく聞き よく考える子
  • 思いやりを持ち 共に伸びる子
  • 健康や安全に気をつけ すすんで体をきたえる子

 

本年度の重点目標

1.教職員集団の一致した取り組み 

役割分担ではなく相互に呼応し協働することで効果を上げることをめざす

2.中学校区の保幼小中による合同研究

授業づくり・集団づくり・基礎学力・評価・道徳の五分科会での研究を企画推進

3.視覚化・焦点化・共有化の在り方を視点にした授業づくり

言語活動をどのように展開するかを工夫することで、集団づくりと呼応した「主体的に学び 考え合う子ども」の育成につなげる

4.子どもたちの主体的な姿を引き出す活動づくり

積極的に他者(ひと・もの・こと)と関係を結ぶ力をめざす

5.基礎学力の定着

日々の反復練習と自主学習の推進により学習習慣の定着を図る

6.読書活動の推進

「青空読書、リレー読書、クラフト、読書百冊、アニマシヨン、ビブリオバトル」などの読書活動を推進し、読書への興味関心を高める

7.すべての子どもを対象にした支援教育の推進

支援学級との交流を活性化しその理解を深める障がい者理解教育の推進

8.積極的な生活指導・特別活動

活動を通じて「育てたい力・集団の姿」がどうであったかを振り返り、「集団の成長」を意識したものにする

9.日常的な体力づくり

遊びを通じて継続的に取り組む「体力づくり」を推進