2月7日(水)

家庭科の調理実習で“ おにぎらず ”をつくりました。

おにぎらず とは、ラップの上に味付け海苔を敷き、その上にご飯と具材をのせて海苔で包み込みます。

最後にラップごと押さえて包丁で切ってできあがり。切り口がきれいに仕上がるよう、ご飯と具材のバランスを考えて包み込むのがポイントです。

今回は具材の調達から行いました。スーパーに出かけ、班ごとに必要な具材を購入します。玉子・ハム・マヨネーズ・味付け海苔などなど・・・。買物のマナーも守りましょう。

   

いよいよ実習スタート。玉子をスクランブル風に仕上げ、ハムをフライパンで炒め、シーチキンをマヨネーズであえて・・・、班によって具材はそれぞれ。ラップで包んで、包丁で切ったらできあがり。なかには、こんな素敵なおにぎらずをつくった班もありました。

   

         

担任の先生も一緒にいただきました。みんなで食べた後は、片づけも協力して行いましょう。