5月10日(木)

6時間目に大阪府教育庁文化財保護課の方を招いて、歴史の出前授業をしていただきました。

社会科の授業で勉強した縄文時代や弥生時代の土器、古墳時代の埴輪など本物の文化財をもってきていただき、子どもたちはレプリカの土器を手にとってその特徴を確かめました。

   

狭山池の近くにも、登り窯を使った古代の須恵邑(すえむら…渡来人が硬質の須恵器をつくっていた村)がいくつもあったそうです。そうか、「陶器山」っていう地名は焼き物(陶器)の山ということなんや!!

   

「縄文土器をつくってみよう」のコーナーでは、捻じった麻ひもを粘土板に押し付けて縄文の文様をつけていきます。はるか古代人の美的感覚を追体験してみました。

   

文化財は未来からの預かりもの・・・、今日教えていただいた言葉です。大切な昔々の文化財をわたしたちの手で未来につなげていきましょう。