6月12日(火)

2時間目に火事を想定した避難訓練を行いました。

9時57分に非常ベルと避難を呼びかける校内放送が入ります。先生の指示と誘導に従って、子どもたちは出火場所の理科室を避けるように運動場に避難します。

    

火事で恐ろしいのは煙と有毒ガスです。子どもたちはハンカチで鼻と口を押さえながら避難していきます。

運動場に出ると駆け足で並び、人員点呼。全員の安全が確認できました。校内放送からここまで、かかった時間は3分1秒。もしもの時も、素早く安全に避難できるようにしましょう。

   

今日は大阪狭山市の消防署からも消防士さんが来てくださり、訓練の後に消火器の使い方を教えてくださいました。先生と5・6年の代表の児童が、実際に消火器を使って練習をしました。

              

  

その後、消防署の方に校内の安全点検も行っていただきました。