7月18日(水)

今年のプール授業のまとめを兼ねて、着衣泳の授業を行いました。

夏休みは水辺に出かける機会が増えます。スイミングスクールのコーチに来ていただいて、もしもの時の命を守りかたを教えていただきました。

水着と違って、服やズボンをはいていると水の中ではずいぶん重たく感じます。それでも、慌てずにあごをあげて両手両足を広げると身体はプカッと浮いてくれますよ。

        

もちろん、もしも友だちがおぼれた時には近くの人に助けを求めて、何か浮きになるもの(木切れやペットボトルでもOK)を投げ込んであげるのが一番です。

くれぐれも安全に気をつけて、事故のないように心掛けてください。