7月18日(水)

6年間の水泳授業の最後に、着衣泳を行いました。

今年も水害が発生したり、水辺の事故が起こったりしています。スイミングスクールのコーチをお招きして、自分の命の守りかたを教えていただきました。

5年生の時にも実施しましたが、身体もさらに大きくなって服を着たままの水中は思った以上に勝手が違います。

    

まずは昨年の復習から。あごをあげて両手両足をひろげましょう。身体は自然に浮かび上がります。あわてずに両腕を動かしてプールサイドに向かって泳ぎましょう。ポイントはあわてて腕をかきまわさないことです。顔に水がかかってパニックを起こしますよ。

       

もしも友だちがおぼれたら、近くの人に助けを求めましょう。なにか浮きになるもの(木切れでもペットボトルでもOK)を投げ込んであげてください。自分がおぼれたら、先ほどのようにあおむけでゆったり浮きながら助けを待ちましょう。くれぐれも助けに来た人にしがみつかないように、一緒におぼれてしまいますよ。

そして、なによりも大事なことは水をあまく考えないことです。くれぐれも安全に心がけて、危ない遊びは絶対にしない、ですよ!!