9月5日(水)

昨日の台風で、西小学校でも樹木が倒れたり枝が折れたりしました。

毎年おいしい実をつける、正門付近にあった杏の木は幹が途中で折れてしまいました。

   

校区でも、停電や断水の被害の出た地域があると聞いています。

通学路には倒木がいくつもあり、通行しにくい箇所が確認されています。学校からも青色パトロールバイクで校区を見回り、登校時の安全指導を行いました。

   

校門周辺には折れた樹木の枝が散乱しており、子どもたちが安全に入校できるように急きょ北門(プール横)からの登校としました。(※ 本日散乱していた枝は片付けましたので、明日からは体育館前の門をご利用ください。ただし、正門は杏の倒木のため当分の間閉鎖します。)

体育館で臨時の朝の集会を行い、自然の脅威について子どもたちに話すとともに、折れた木に近寄らないよう注意しました。

幸い校舎には被害がなかったため、平常通りの授業を行いました。

しばらくは子どもたちに不自由をかけることになりますが、安全を最優先に見守りたいと思います。