9月21日(金)

理科の学習、「閉じ込めた空気や水」の第2弾は “空気てっぽう” です。

筒の先に取り付けた栓を発射させます。保護者のみなさんも、子どもの頃にやったことがあるんじゃないですか?

栓はなぜ跳ぶのでしょうか。ここにも「閉じ込めた空気」の働きがあります。

        

       

         理科学習支援員の中谷先生も授業に参加していただきました

栓をより高く、遠くに跳ばしてみましょう。筒の中の空気を圧縮する力やスピードをかえながら飛距離を計ってみます。どうです、何か関係性が見えてきましたか?