10月30日(火)

市役所と黒山警察の協力を受けて交通安全教室を実施しました。

4年生は「正しい自転車の乗り方教室」です。

体育館で警察官の方から交通法規を教えていただき、事故が起こった原因をDVDを見ながら一緒に考えました。

    

         

自転車も車両として扱われます。子どもたちでも乗れる身近な乗り物ですが、交通法規に則って乗らなければなりません。信号無視やスピードの出しすぎなど、原因を探っていけば事故は起こるべくして起こっていることがわかります。

 

その後、実際の道路状況を再現したグラウンドに出て自転車に乗ってみました。

   

 3人のお巡りさんも協力してくださいました     ヘルメットをきちんと装着します

   

大型トラックが止まっている脇を通る時は…、「止まれ」の標識のある交差点では…、横断歩道を通る時は…。

こうしてみると、正しく乗れていない場合もありますね。

自転車も車両です。事故で被害者になることも、加害者になることも決してあってはなりません。今日教えていただいたことを守って安全に正しく乗るように心がけましょう。