12月4日(火)

今日は全校お話会の日です。

市内の読書サークル(ふきのとう、さやまおはなしの会)のメンバーの方と市立図書館の司書さんが、子どもたちにお話を聞かせに西小に来てくださいました。

残念ながら2年2組はインフルエンザによる臨時休業のために実施できせんでしたが、各クラスともお二人の方が一冊ずつ、それぞれの学年にあった本を読み聞かせてくださいました。

子どもたちはお話を聞くのが大好きで、どのクラスでも優しい語り口にじっと耳を傾け、聞き入っている姿が見られました。

            

読書の魅力は、何といっても想像力が豊かになることです。本の中の登場人物やものに感情移入し、話の展開を楽しむことで、言葉を知り、さまざまな人の考え方や感じ方に触れ、知らない世界への興味や関心を高めていきます。

今日のお話会で少しでも物語に興味を持った人は、今度は自分でお話を読んでみましょう。西小の図書室には、たくさんの楽しい本がみんなを待っていますよ。